マサト真希

*クリックでメニュー展開

江姫―乱国の華― 上・中・下(2011.04 - 2012.04)
○作品表紙(上・中・下)

※クリックで拡大画像表示

○イラスト担当:日向山寿十郎

○あらすじ
「――泣くものか。泣けば負けだ。負けはならぬ。決して、負けてはならぬ」
信長の姪であり、お市の方の娘である浅井の三女・江。
生まれは北近江、育ちは伊勢、母とともに越前へおもむき、知多大野へ十二歳で嫁ぐ――幼い頃から転変の人生を歩み、二度の落城をくぐり抜け、三人の夫に嫁して、ついには徳川将軍の御台所に上りつめた、強く誇り高い娘。
信長・秀吉・家康ら、乱国の世を駆け抜けた英雄と出会い、その生き様を見届けた江姫の、波乱と激動の生涯を描く物語。

○あらすじ
初めて手がけた歴史物です。資料・史料に埋もれ、多くの方々のご協力によって上梓いたしました。
始める前は自分に歴史物などできるのかと不安でなりませんでしたが、無事に上・中・下と完結まで出させていただいて感無量です。
史実をドラマに引き寄せる楽しさをこのシリーズで味わわせていただきました。書かせていただき、また多くの方々にご協力いただいて感謝です!

このエントリーをはてなブックマークに追加
category:仕事情報
<< NEW | TOP | OLD>>